スポンサードリンク

苗の植えかえ

種からハーブを育てている場合には、本葉が6〜7枚くらいになったら植え替えを行います。
園芸ショップなどで売っている苗を想像してもらえば、植え替えの時期が分かってもらえると思います。
購入した苗は植え替え時期に既になっているため、購入後は早めに植え替えを行いましょう。
根を崩さないように土ごと掘り、植木鉢などに植え替えます。
鉢の底には排水性の良いゴロ土や砂利などを引いておきましょう。
鉢には3分の1程度の用土を入れ、それから苗を植えていきます。
最後に隙間に用土を詰めて出来上がりです。
プランターに植え替えるときには、株の間は10センチメートル程度空けておきましょう。
鉢の底から根が出てした場合には、植え替えのサインですから、一回り大き目の鉢に植え替えてください。
ポリポットなどに苗を育てている場合には、根がポリポットの形になっている事があるので、根をほぐしてから植え替えます。
鉢に植え替えたら水をたっぷりと与え、しばらくの間は直射日光を避け環境に慣らします。
ミントは繁殖が良いので、大きめの鉢に植えると良いでしょう。
特にミントは地植えを行ってしまうと、庭がミントだらけになってしまう恐れがあるので、鉢植えにする事をお勧めします。
また、庭に植えるときも地面に鉢を埋めて、成長を止めるようにすると広がりすぎません。
庭に苗を植え替える場合には、やや地面を盛り上げて植えます。
ハーブは乾燥した環境を好む為、排水性を持たせて植え替えましょう。
庭の一角をレンガで囲って、ハーブガーデンにするとまとまりが良く楽しめます。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline