スポンサードリンク

種子播きのポイント

室内で種をまくときを除いて、一般的に種をまくのは春と秋です。
秋に種をまき、冬を越させると強い株が育ちやすくなります。
春は桜の咲くころに始め、20℃以上が発芽しやすい条件です。
秋では東京周辺では10月ごろまで、寒冷地などでは9月頃までに終えておきましょう。
春に咲く1年草のハーブは秋に種をまき、冬を越させることでしっかりとした株に育てる事が出来ます。
しかし、ハーブの種類でも冬越しできないタイプもあるので気をつけましょう。
多くのハーブが地中海地方原産ですから、冬越しできます。
亜熱帯地方のハーブは冬越しできない場合があるので、室内に取り込む必要が出てきます。
種を購入するときには、信頼のあるお店で購入します。
商品が古いと発芽しにくくなるので、新しい種を扱っているショップが良いのです。
最近ではインターネットなどを通して、ハーブの種を個人的に売っている方もいます。
種まきの土は雑菌の少ないバーミキュライト・ピートモス、赤玉土などや種まき用土を利用します。
種の種類によっては、直まきと育成箱などにまいてから苗が大きくなってから移植するタイプがあります。
種のパッケージについているまき方の説明をよく読んでください。
大きなハーブや移植を嫌うセリ科やケシ科のハーブは直接まきますが、それ以外はイチゴパックなどを利用し室内で種まきをしても良いのです。
ハーブは野生の植物ですから、直接土にまいても発芽しやすいので、それ程神経質になる必要はありません。
ただし、ラベンダーやローズマリーなどは種が発芽しにくいので、苗から育てた方が良いでしょう。
発芽しにくいハーブは一度冷蔵庫に入れて冬を体験させると発芽率が良くなります。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline