スポンサードリンク

サフラン

サフランは赤いめしべの部分をサフランライスなどに利用できます。
ヨーロッパが原産国で、多年草のアヤメ科です。
球根1つに対し、1輪の花を咲かせます。
花は紫色でクロッカスのような形をしています。
スパイスとして利用される赤いめしべは、1輪の花に3本しかありません。
重さから言うと金と同じくらい価値のある高価なハーブです。
1グラムのサフランを作るためには、160個分のサフランを必要とします。
8月頃に深さ7cmくらいに球根を植えます。
あまり浅すぎると、分球しやすく、花のつきが悪くなります。
花が咲いて黄色に変わったら、球根を掘り起こして乾燥させて保存させて起きます。
花が開花したら花をつみとり、赤いめしべだけを乾燥させて保存します。
サフランは冷え性を改善し、女性の生理機能を整えます。
ハーブティーは体を温め、発汗、消化に良いとされています。
サフランはパエリアに利用されるハーブです。
日当たりの良い場所を好み、土質は選びません。
水栽培でも育てる事ができます。
室内で球根を水に浸しておくだけで、鮮やかな花を楽しむ事が出来るのです。
サフランライスなどに見られる黄色い色は、カロチノイド色素で、主成分は配糖体クロシンです。
国内産のサフランは大分県で作られ、8割ほどを占めています。
サフランはその色から黄色く染める染料や、お茶としても利用されます。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline