スポンサードリンク

ラベンダー

ラベンダーは北海道の印象が強いようですが、本州でも育てられる品種が売られています。
地中海地方が原産国で、草丈は40〜90cm、乾燥した気候を好みやせている土地でも育てられます。
花は白やピンクもありますが、ラベンダー色とも呼ばれる紫色が一般的です。
古代からギリシャやローマで利用されており、入浴剤として利用されていました。
日当たりの良い場所を好み、風通しの良い乾燥した土地で育ててください。
やせている土地でも育ち、日当たりと乾燥した環境さえあれば良く育ちます。
梅雨のある地域では株が蒸れやすいので、本州でも育てられる品種を選ぶか、湿気で弱ってきたら切り戻しを行い夏を乗り切ってください。
高温多湿を嫌うので、北海道など夏に涼しい地方で育てるのが基本です。
地植えの場合は水遣りを行う必要が無く、鉢植えの場合でも乾燥気味に育てます。
さし木で簡単に増やす事が出来ますが、種からは育てにくいので、初めての場合は苗を購入した方が良いでしょう。
花が咲いた直後に根元から刈り取り、陰干しにして乾燥させます。
花が完全に咲いてしまうより、まだつぼみの頃の花を利用した方が良いでしょう。
陰干ししたラベンダーは花はティーに利用し、茎は入浴に利用できます。
また、防虫効果が高いので、ボプリにしてタンスに入れておいても良いです。
精油にしたものはアロマテラピーとして利用したり、お風呂に数的入れて利用します。
ラベンダーは鎮静効果があり、イライラや不眠症に効果的で、リラックス効果が期待できます。
信頼できる精油をオイルに混ぜて利用すれば、香りの良いスキンケア商品が作れます。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline