スポンサードリンク

病害虫対策

ハーブは香りが強いものが多く、それ自体が虫除け効果のあるハーブも多いのです。
植物の中でも比較的病害虫に強く、育てやすいのです。
ハーブは食用やティーなどに利用しますから、薬品を利用せずに害虫を退治してください。
アブラムシは牛乳を薄めたものをスプレーに詰め、1日数回吹きかけるとアブラムシが窒息して退治する事が出来ます。
ナスタチウムはアブラムシよけ効果があるので、アブラムシが付きやすい植物のそばで育てるとコンパニオンプランツとして育てる事が出来ます。
アブラムシが発生しやすいハーブは、ローマンカモマイル・ワイルドストロベリー、アーティーチョークなどです。
ダニが発生しやすいのが、スイートバイオレット・シソ科の植物です。
ヨトウムシはポットマリーゴールドに発生しやすく、うどんこ病はバラなどに発生します。
バラのうどんこ病は見つけたら早めに病気の部分を摘み取るようにすれば、薬剤を利用しなくても済みます。
ラベンダーは香りが強く、その香り自体が害虫を防ぐ効果があります。
ミツバチや蝶などが蜜を吸いにやってきますが、アブラムシなどの小さな害虫は寄ってきません。
ハーブの虫除けスプレーにもラベンダーが入っています。
ハーブの害虫を防ぐには、毎日の観察が大切になってきます。
早めに対処すれば害虫を防ぐ事ができ、薬剤を利用しなくても済むでしょう。
しかし、ハーブは元々害虫が付きにくい植物でもあるので、ガーデニング初心者でも育てやすいと思います。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline